遺産相続をめぐる争いがあります。これは肉親同士の場合が殆どになりますね。(涙)そして、時には悲惨な結末を迎えることもあります。ニュ-スになる事もありますよね。ひとつの事を挙げると、長崎県で起きた遺産相続に絡んだ殺人事件があります。これについて紹介しましょう。

大会社の長が亡くなります。そして、その跡継ぎに関する争いと言うことです。※遺言書がない場合は、遺産相続は法定相続人になります。※法定相続人は、配偶者と子供に相続権があります。※子供が既に亡くなっている場合、孫に相続権があります。

この事件では孫が相続することが出来ないことになります。それで周りから非難された為に逆上します。そして、親族を殺すと言うことになりました。遺言書はありました。しかし、事件を起こした本人に対する遺産相続はなかったと言うことです。遺産相続に関する争いと言うのは、遺言書があってもなくても醜いものとなりうると言うことです。(汗)親族間で争う下地があるからですね。遺産相続は、そのきっかけでしかないと言うことです。

この事件では、犯人は故人と一緒に住んでいます。しかし、遺言書に書かれていたのは犯人ではありません。その弟だったと言うことです。犯人の気持ちを考えると、納得することができないことでしょう。(汗)財産だけではありません。遺産相続でも、故人が生きている時には何もしていないのに、相続の権利だけを主張するからです。

関連ページ