NISAを銀行で始めようと思っている方はいませんか?

現在契約しているNISAを別の証券会社等に変更したいというケースがあると思います。

NISAの口座は制度がはじまった当初から少しかわって、1年に1回変更することができるようになりました。

もう一つは通常のNISAをつみたてNISAに変更したい場合やその逆があると思いますが、こちらの手続きも同じように、1年に1回変更することができます。

ここで心配になるのは変更前に買った株や投資信託が、変更時に強制的に解約する必要があるかどうかだと思います。

しかしその点は大丈夫なので安心してください。

前年度に購入したものは継続して持ち続けられます。

もちろんNISAという枠組み自体の制限はあるのでその点は注意が必要です。

NISAを銀行で始めようと思っている方はいませんか?取引先の銀行とのお付き合いだったりいわゆるしがらみのようなものがないのであれば、基本的には手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券がおすすめですよ。

ゆうちょや銀行などの場合、NISAの始め方から丁寧に教えてくれますから、対面でやり取りできた方が安心できるという方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの最大のメリットである税金を引かれないというのは、最終的に支払うコストが低くなるというメリットですから、それだったら手数料が安くなる可能性も高めていきたいですよね。

極力リスクを下げることも考えて銀行にするかどうか決めましょう。

NISAで投資信託というのは初心者向けと言われています。

その理由は、投資額が低額で済むからです。

現物株だと、1単元につき数万円から数十万円程度となりますので、限られた銘柄にしか投資することができません。

一度に大きな額を投資するという点で心理的なハードルも高いですね。

一方、投資信託は複合的な金融商品のため、資金が制限されているNISAであっても分散投資が可能です。

予算があまり取れない方にもおすすめです。

プロに運用を任す場合、手数料や信託報酬といったコストが発生しますのでその点はご注意ください。

NISAと積立NISAの違い端的に紹介すると、積立NISAは現物株や様々な投資信託が扱える通常のNISAとは違い、投資できる金融商品が限定されています。

積立NISAは投資信託のみになりますが、中でも手数料が低く、分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴があり、販売手数料がノーロードであること、長期分散投資に適している公募投資信託であることなどに限定されています。

また、投資上限も年40万円までと決まっています。

上限が低い代わりに非課税投資枠が20年間で最大800万円迄となっています。

通常のNISAと併用することはできませんのでご注意ください。

NISAの失敗ってどのようなものか気になりますよね。

考え方自体はシンプルなので実は分かりやすいです。

NISAの仕組みによって失敗してしまう可能性、金融商品自体そのものが抱えているリスク、NISAの仕組みによるデメリットを避けようとして逆効果になってしまうリスクの3つです。

NISAの仕組みによる失敗ものと言えば期間終了時に含み損が出ていた場合に、そのまま通常の口座に移行させてしまうと、含み損を受けた後の金額が基準になってしまい余計に課税されることです。

金融商品自体がはらんでいるリスクというのは、金融商品ですから値下がりしたら損だよねということです。

NISAの仕組みによるデメリット見誤り非合理的な行動をとってしまうリスクというのは、NISAの120万円という枠におさまるように投資先を考えるタイプの思考法のことです。

NISAは解約できるのかどうかは気になる方もいらっしゃると思いますが、手続き自体は可能ですからまずはご安心ください。

但し解約するには条件があり、残高があると解約はできません。

証券会社等によって細かい手順は違ってくると思いますが、廃止手続きをするための案内に従って進めることになります。

もう少し具体的に説明すると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類と併せて送付します。

必要書類につきましては手続きを申請した段階で郵送等で送付されます。

いつでも解約しようと思えばできるというのは、iDeCoとの大きな違いです。

解約のハードルが低いので、その分始めやすいということにもなりますよね。

NISAのリスクは大きく分けて2つあります。

まず一つ目は、NISAの仕組み自体にリスクが隠されています。

NISAは利益に対して課税されないという性質がありますが、損失がでたときに損益通算ができないというデメリットがあります。

これは源泉徴収ありの特定口座でも同様なのですが、NISAで気を付けなければいけないのが5年間という期限があるところです。

期限を迎える前に一般口座に移動させることはできるのですが、含み損が発生していても考慮されません。

一度売ってから買い戻したりする必要があるかもしれません。

あとは金融商品自体にリスクというのは当然あります。

NISAの口座を開設したいと考えているなら、まず最初に考えなければいけないことは、どこを選ぶかということでしょう。

NISA口座は一人につき一つしか持つことができませんので、対応する金融機関の中からどれが一番いいか厳選する必要があります。

一番人気があるのは証券会社ですね。

特にネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

単純に安いだけではなくキャンペーンなども合わせて比較するといいですね。

例えば売買に必要な手数料が無料になるというものもありますし、キャッシュバックがある場合もあります。

投資金額によっては、キャンペーンを重視するというのも有用です。

NISAの口座を開設できるのは2023年までです。

期限につきましては当初から決まっていたことではありますが、これから運用をはじめる方にとってはあと僅かな期間になってきました。

この期間迄は、すでにNISAの運用をしていて5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーで持越しが可能でしたが、これからはじめる方にとっては、この制度は無関係ですね。

それでは2023年を迎えてしまったらどうなるかが気になってきますよね。

その場合は売却もしくは、課税対象の普通の口座に移行するかのどちらかになります。

非課税口座と課税口座の間で株や投資信託を移行させることで、最終的な売却時の支払いが損になるかならないかを見極めましょう。

NISAでおすすめなのはどんな投資でしょうか?もし投資をしたことがないという初心者なら、理解しておく必要があるのはNISAという仕組みについてではなく、投資にはリスクとリターンがコインの裏表のようについてくるということです。

これは単純に預金より投資のほうがリスクが大きいという話ではなく、どういう経路をたどって可能性としてのリスクが現実のものになるのかを知ることです。

株の場合はその会社の先行きが不透明になると売られていって値が下がることがあります。

投資信託についてはコストも低いのでつい軽視しがちですが、投資ファンドがどういう方針で景気の変化とどう関連しているのかなどは知っておかないといけません。

あとはもちろん自分がなぜ投資をするのかということを合わせて整理するとおすすめは自然と見えてきます。