看護師の平均年収は?

日本全国の看護師の年収は平均して437万円ほどです。
けれども、国立、私立、県立などの公立病院に勤める看護師は、公務員として働いているため、平均年収は593万円ほどになります。
公務員看護師は給料の上がる率も民間病院より上で、福利厚生もしっかりしています。
準看護師のケースだと、看護師と比べて平均年収が70万円くらい低いです。
看護師という職種は、過酷な仕事です。
夜勤も交代制でありますし、経営状況が悪い病院では、少ない人員で回していかざるをえないのが現状です。
過労がもとになって、うつ状態になる人も多く、辞職率も高いです。
白衣の天使とはいわれるものの、実際の仕事は楽ではなさそうです。
仕事を探すことになると、真っ先に考えるのがハローワークになるでしょう。
それもそのはず、ハローワークに行くと、看護師の求人も多くなっています。
スタッフに求人情報を聞いてみたり、転職について助言をもらえるメリットがあって良いのですが、よい条件の求人があまりないというマイナスのことも知っておいたほうが良いでしょう。
看護師の初任給は決して高くはないです。
事実、入院して看護師の仕事ぶりをみていると、多くのサポートが必要な患者が入院治療中でなければ、勤務時間内で一定の作業をするだけですが、その仕事量だけでもかなり大変です。
多くのサポートが必要な患者が入院している場合には、さらに大忙しになってしまい、ストレスで精神的にシンドイでしょう。
ナースは病棟の仕事仲間とどんちゃん騒ぎすることがあります。
忙しい病院なので、全員参加することはレアですが、なんとか都合を付けて飲み会に出席します。
普段言えない話も話せるので、みんなで話してスッキリしてナース飲み会は大盛況です。